注文住宅における敷地活用法

マイホーム.net
マイホーム.net注文住宅ガイド>注文住宅における敷地活用法

注文住宅における敷地活用法について

注文住宅では、敷地の使い方も家のコンセプトを決める上で重要です。基本的な敷地の考え方と変形敷地の活かし方を解説します。

敷地活用と道路の環形

建物の配置について大きな要素としては道路との位置関係が重要になります。敷地と道路との関係性については、おおむね以下の種類があるとされています。

敷地の北側に道路があるケース

敷地の北側に道路があり、敷地のプランニングにおいて最も計画しやすい敷地のタイプ。北側に玄関を設置し南側に居室や庭などを置けるため、有利といわれる。

敷地の南側に道路があるケース

日当たりが良好な南側に玄関が面する形となるため、採光上不利に働く場合があるものの、南側に広めの庭を配置するなどの工夫がされることが多い。

敷地の東(西)側に道路があるケース

敷地の東(西)側に道路があるケースでは、南側に庭を配置することで、玄関までのアプローチを比較的自由に設計する事が可能。

路地奥に敷地があるケース

路地を数件で共有するような場合は別として、占有し基地内ならかなりアプローチを工夫する事ができる。さらに直接道路に面していないことから静かな環境を作る事ができる。

道路の角に敷地が面しているケース

法的にも日照的にも最も条件がよいとされている敷地。2方向の道路のどちらを正面にするかについては、生活や治安、街並みなどを考慮して判断すると良い。

 

変形敷地の活用法

敷地が四角形の場合はよいですが、変形敷地のケースや道路との高低差が有るケースもあります。これらの特徴を活かすことが上手なプラン作りのポイントとなるでしょう。

傾斜地での注文住宅の敷地プラン

建物を雁行させたり、敷地面積にあわせて外壁をななめるにとるなどして専用庭のスペースを確保する方法があるとされています。

敷地に高低さがある場合の注文住宅の敷地プラン

敷地に高低さがある場合、地下に駐車場を設けるケースが一般的だとされています。また、敷地内に段差がある場合、道路斜線制限という制限で建物の高さがマイホーム建設に不利に働きます。こうした場合は地下や半地下を設けるなどの工夫をしましょう。

 

 

注文住宅ガイド

ライフスタイルや家族の希望を反映できる「注文住宅」。間取りの取り方、上手に注文住宅をオーダーする為のコツを解説。

注文住宅の種類
注文住宅と二世帯住宅
注文住宅とプレハブ住宅
注文住宅における敷地活用法
注文住宅の設計依頼
注文住宅と建築確認
注文住宅の図面と見積書チェック
注文住宅と引渡しチェック
注文住宅の費用
注文住宅取得スケジュール
注文住宅の契約・登記のポイント

注文住宅に関する人気の本

 

マイホームTips

マイホーム.netはこれから住宅購入を検討している方のために、住宅購入の基本から覚えておきたい知識などを包括的に解説するマイホーム取得応援サイトです。
>>まずはじめにお読みください

マイホーム.netカテゴリー一覧

マイホームの購入準備
マイホームに関する法律
マイホームの資金プラン
不動産と税金
マイホームのための土地探し
注文住宅の選び方
建売住宅の選び方
中古住宅の選び方
分譲マンションの選び方
リフォームガイド
マイホーム何でも比較ランキング
マイホームTIPS

 

 

マイホーム.netホーム 運営情報 リンク集 お問い合わせフォーム

マイホームの準備/マイホーム購入基礎知識/マイホームと資金プラン/マイホームと土地探し/不動産と税金/マイホーム比較ランキング/
注文住宅ガイド/建売住宅ガイド/中古住宅ガイド/分譲マンション取得ガイド/リフォームガイド/

マイホーム.netはマイホーム購入・不動産購入・注文住宅のアドバイスサイトです。サイト内には住宅建設における法律や条令などについて触れている場合もあり、その正確性には万全を期しておりますが、完全性の保障は致しません。また、法律の改正等により若干情報が古くなっている場合があります。 住宅控除、減税などの金融的・税制の問題に関しては一度専門家にお問合せされることをおすすめします。

copyrights ©2006-2013 マイホーム.net1 All rights reserved.