ハウスメーカーからの見積

マイホーム.net
マイホーム.netマイホーム比較ランキングハウスメーカー比較ランキングハウスメーカー比較のポイント>ハウスメーカーからの見積

ハウスメーカーからの見積について

ハウスメーカーに対して見積を取る際はできるだけ多くのハウスメーカーから見積書をもらうようにしましょう。一生に一度のお買い物なんですから相見はあたりまえです!

ハウスメーカー選びと見積

まず、ハウスメーカーを比較する上で大切なのは複数社(最低でも3社以上)から見積をとるということです。理想をいうと5社以上に見積をとると良いでしょう。

この理由としてですが、多くのハウスメーカーの担当者から話を聞き、実際に設計を依頼し見積もりを取ることにより、自分自身にもマイホーム作りの知識を身につけることができます。
また、見積の時の対応や相手の営業マンがどれだけ自分達のことに親身に相談に乗ってくれたり提案をしてくれるか、というのも重要です。

 

見積書を重点的にチェックしよう

ハウスメーカーに見積を依頼すると、「見積書」なるものが作成され渡されます。まずは、このハウスメーカーが提案する見積書をチェックしていきます。

まず、見積書は分厚いですか?

住宅を建てる見積書というものは、本来非常に多岐に渡るものなのです。5枚や10枚程度の見積書で出せるものではありません。30枚や50枚といった膨大な量となるのです。当然最初は簡単な見積書かもしれませんが、打ち合わせを行なっていく中で、必ず契約前に正式な見積書を貰うようにしましょう。

まず、NGなハウスメーカーは「契約をしてくれたらしっかりとした見積書を作成しますよ」という会社。契約というものは正式な見積書や図面などに基づいて行うものです。ですから契約をしてから正式な見積書をもらうというのは、全て相手任せになってしまうというものなのです。

正式な見積書(50枚程度)まで作成してもらって断るのは相手にも悪い・・・。という方もいるでしょうが、実際に住宅を建てることに決定すればハウスメーカーも数百万以上の利益がでるんです。そこまで気を遣う必要もありません。

それよりも一生に一度か二度ほどの大きな買い物なのですから、多少わがままになってもいいと思います。

 

ハウスメーカー比較ランキング

ハウスメーカー各社の特徴やサービスの内容、クチコミ情報の比較ランキング
>>ハウスメーカー比較ランキング

積水ハウス
大和ハウス(ダイワハウス)
タマホーム
パナホーム
セキスイハイム(積水化学工業)
三井ホーム
一条工務店
トヨタホーム
アイフルホーム
スウェーデンハウス
住友不動産

ハウスメーカー比較のポイント
 |-住宅展示場のポイント
 |-ハウスメーカーからの見積
 |-ハウスメーカーとの契約前に

ハウスメーカーに関する本

 

マイホームTips

マイホーム.netはこれから住宅購入を検討している方のために、住宅購入の基本から覚えておきたい知識などを包括的に解説するマイホーム取得応援サイトです。
>>まずはじめにお読みください

マイホーム.netカテゴリー一覧

マイホームの購入準備
マイホームに関する法律
マイホームの資金プラン
不動産と税金
マイホームのための土地探し
注文住宅の選び方
建売住宅の選び方
中古住宅の選び方
分譲マンションの選び方
リフォームガイド
マイホーム何でも比較ランキング
マイホームTIPS

 

 

マイホーム.netホーム 運営情報 リンク集 お問い合わせフォーム

マイホームの準備/マイホーム購入基礎知識/マイホームと資金プラン/マイホームと土地探し/不動産と税金/マイホーム比較ランキング/
注文住宅ガイド/建売住宅ガイド/中古住宅ガイド/分譲マンション取得ガイド/リフォームガイド/

マイホーム.netはマイホーム購入・不動産購入・注文住宅のアドバイスサイトです。サイト内には住宅建設における法律や条令などについて触れている場合もあり、その正確性には万全を期しておりますが、完全性の保障は致しません。また、法律の改正等により若干情報が古くなっている場合があります。 住宅控除、減税などの金融的・税制の問題に関しては一度専門家にお問合せされることをおすすめします。

copyrights ©2006-2018 マイホーム.net1 All rights reserved.